HOME > ハウスメーカーに負けない3つの保証

ハウスメーカーに負けない3つの保証

まもり住まい(瑕疵保証)

新築の住宅の販売を行う売り主(事業主)は、【住宅の品質確保の促進等に関する法律】に則り、柱や屋根などの住宅にとって主要構造部分の欠陥(瑕疵)は、10年間の瑕疵担保責任を負うことが決められています。万が一、売り主(事業主)の死亡、倒産などによって長期間そのままの状態でも瑕疵担保責任が履行されない場合、保険付保住宅の取得者様なら保険会社に瑕疵の補修等の保険金を請求することが可能です。

新築住宅を供給する事業者には、10年間の瑕疵担保責任を負うことが決められています。
でも、もしも事業者が倒産してしまった後に、瑕疵が見つかったとしたら...
それを解決する法律が【住宅瑕疵担保履行法】という法律です。
事業者の倒産後、瑕疵が発見された場合、お客様への負担を減らして瑕疵の補修を行うために、事業者に対して【保険加入】、【保証金の供託】により資力を確保するように法律で定められています。
この法律により、事業者が倒産してしまっていても、瑕疵が引渡しから10年以内に見つかった場合に保険金、保証金などが出るので補修費用が軽くなります。
瑕疵とは一体なんなのか?
瑕疵は“かし”と読み、欠陥を意味する言葉です。上記で言う瑕疵とは、主要構造部分や雨水の侵入を防ぐ部分の欠陥のことを言います。

T.O.I工務店の瑕疵保証

地盤保証

建設予定の現場を登録しているプロの業者が地盤調査を行い、その結果や解析した地盤調査のデータに合わせた基礎施工、地盤補強の工事が行われた登録物件に対し、その上で対象義務で起こった法律上の賠償責任を被保険者が負担することによって、登録物件に起きた損害を現状復帰させる工事を行います。

地盤保証の4つの特徴

1 地盤調査、及び地盤補強工事は全て登録している地盤調査を専門とした会社が行います。

地盤調査の作業、地盤補強工事、解析は全て登録している地盤調査会社の総合管理センターの資格を有している認定資格者が実施します。

2 公平な立場で第三者による【解析判定】を行います。

地盤調査の解析は、地盤調査会社の総合管理センターで検査を実施し、管理します。
地盤調査会社の総合管理センターでは、結果として出た解析を検査し、合否を含めた厳しい審査を行います。

3 登録している地盤調査会社と総合管理センターが、お客様と建築業者様をお手伝いいたします。

地盤調査や地盤の総合サポートに関するまで全て登録している地盤調査会社と総合管理センターにて調査及び管理を行っております。

4 登録している地盤調査会社の行っている調査及び地盤の改良工事の品質をお約束します。

総合管理センターは地盤調査、地盤補強工事の管理、職人への教育活動も行っており、地盤会社の技術向上に勉め、高い技術力で地盤調査、地盤補強工事を行います。

自社保証

T.O.I.工務店では、自社保証も完備しております。

自社保証は短期1~2年、長期保証は10年まで。詳しい保証内容はリンク先のPDFをご覧ください。
下記の画像のような保証をお客様にお出ししております

短期保証その1(PDF)

短期保証その2(PDF)

長期保証(PDF)

T.O.I工務店の保証書